医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DIPLOMA COURSE OF MIDWIFERY

学部・大学院・専攻科 WORKPLACE TRAINING AND FACILITIES

実習施設

助産技術の実践力を高めるための実習施設を確保しています。

実習施設一覧(2021年4月現在)

病院

  • 大阪急性期・ 総合医療センター
  • 大阪はびきの医療センター
  • 大阪府済生会富田林病院
  • 大阪母子医療センター
  • 北野病院
  • 堺市立総合医療センター
  • 市立東大阪医療センター
  • 第二協立病院
  • 浜田病院
  • 兵庫県立西宮病院
  • 正木産婦人科
  • 大和郡山病院
乳児院・助産院・その他
  • すみれ乳児院
  • 大阪乳児院
  • 大阪府助産師会「おひさまサンサン広場」
  • ゆう助産院
  • 大阪府助産師会「産前産後ケアセンター」
NICU・GCU
  • 大阪急性期・総合医療センター
大阪急性期・総合医療センター(大阪市住吉区)〈865床〉

大阪急性期・総合医療センターは、大阪府立病院機構の一つであり、本学とは相互連携協定を締結しています。専攻科開設年度より、NICU・GCUでハイリスク母子の実習を実施し、新生児のケアや母親への関わりの重要性を学ぶ貴重な場となっています。2018年4月に同センターの敷地南側に大阪府市共同住吉母子医療センターがオープンし、2020年度から実習施設の一つとなりました。

北野病院(大阪市北区)〈699床〉

北野病院は医学研究所の機能を持つ総合病院であり、本学とは相互連携協定を締結しています。専攻科開設年度より、妊娠期・分娩期・産褥期の実習を実施しています。分娩はすべてLDRでの出産となっており、産婦の方を分娩第Ⅰ期のどの時期にLDRに移動するか、さらに陣痛室から分娩室に変えるタイミングの助産診断、ご家族の方への支援方法も含め、質の高い助産ケアを学んでいます。

学内施設

みんなで集って話したり勉強したりできるスペースや、リフレッシュできる開放的な空間、図書館など充実の学内環境。

図書館(メディカル・アイ)

平日は、8時から20時半まで開館しており、講義開始前や講義後に利用可能です。各専門分野の資料や書籍、雑誌を約47,000冊所蔵しています。パソコンを利用した調べ学習や、グループミーティングにも利用可能な幅広い学修に対応した「空間」などがあり、より充実した施設となっています。契約のデータベースも充実し、病院実習中の資料収集やレポート作成・定期試験の対策・日常の学修や研究にふさわしい環境を提供しています。医療情報に詳しいスタッフが常駐し、豊富な専門書の中から最適な資料の提供が行えます。

学生食堂 メディカフェ

心身ともに美しく!をテーマに、安心で健康的な美味しいメニューを提供しています。おしゃれなインテリアも魅力

中庭

ウエストポート(西棟)にある中庭は、学生のリラックススペース。カラフルな壁面が、気分をリフレッシュしてくれます。

助産学専攻科実習室

助産の演習は分娩介助演習、妊産褥婦・新生児のフィジカルアセスメント、保健指導と多様です。充実した演習が行えるように医療設備を整えています。

ゼミナール室

少人数のグループが学習・研究を行うための小教室。開放感のあるガラス張りの教室もあります。