医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DEPARTMENT OF ACUPUNCTURE

鍼灸学科 WORKPLACE TRAINING

実習先

医療人としての意識を高め、
技術や知識、患者さんへの配慮を学びます

鍼灸医療の現場で求められる、医療者としての姿勢、問題解決能力を臨床の実習で培います。

長年にわたり、OSCE(客観的臨床能力試験)を実施

本学科では長年にわたりOSCEを実施しています。主に2年次・3年次に、検査法・医療面接・鍼実技・灸実技などの臨床能力を有しているかどうかを評価します。

OSCE(オスキー)とは?
Objective Structured Clinical Examinationとは、「客観的臨床能力試験」のことであり、主に医学部などの学生が臨床実習前に合格することが必須となっている試験です。
本学科では、実習前に実習生としてふさわしい技能・知識・対話力(=臨床力)がそなわっていることを確認しています。

実習施設

森ノ宮医療大学附属はり・きゅうコスモス治療院

外来患者さん向けの大学附属施設。鍼灸学科の学生は、2〜4年次で臨床実習を行い、講義や演習で得た知識や技術を現場で活かす方法を学びます。患者さんだけでなくスタッフへのマナー、コミュニケーションの取り方も修得します。

森ノ宮医療大学附属はり・きゅうコスモス治療院

主な学外見学実習病院・治療院

北里大学東洋医学総合研究所 漢方鍼灸治療センター/東京女子医科大学東洋医学研究所/橋本スポーツ鍼灸整骨院/A.T.長島治療院/宮脇鍼灸院/藤川鍼灸院/辻クリニック/ERP下鴨南治療院/iCureテクノロジー株式会社/joyplus. 鍼灸整骨院 など

臨床実習スケジュール

2年次

学外見学実習Ⅰ

[前期・後期]

応用鍼灸実技Ⅱ

[後期]

実習の最初は、ボランティア活動や企業インターンシップに参加し、医療者や社会人としての自覚や姿勢について学びます。また、附属施術所見学実習では教員による患者さんへの治療を見学。その他に実際の症状をもとにロールプレイを行い、診療の基礎知識を修得します。実習後半には自分自身が患者さんの役になり、上級生の診療を受け、患者さんの気持ちを理解します。

3年次

附属施術所基礎実習

[前期・後期]

老後ケア演習(選択科目)

[集中]

患者さんの了解のもと、問診や検査、教員による治療の補助などを実施。主には整形外科疾患や運動器系疾患の対処方法について学びます。また、ロールプレイ方式を用いて学生同士で医療面接、検査を実施。患者さんの状態を把握して治療方針を考え、実践力を養います。

※[集中]:一定の期間内に、集中して講義を行う授業形態

4年次

附属施術所基礎実習

[前期・後期]

学外見学実習Ⅱ

[前期・後期]

学内での実習では教員指導のもと、治療の補助を行います。その際に対応した患者さんの症状について調べ、自身で治療計画を作成。教員との意見交換を通じて、カンファレンスで発表し討議します。また、学外医療施設を訪問し現場の雰囲気を感じとることで、医療者としてのモラルや使命感を身につけます。

実習体験記

「自信」を持つことが、プロへの第一歩。

患者さんが、鍼灸治療に必要な反射テストや血圧測定を受けてくださらない。そんな苦い経験をしました。原因は私の説明不足や、自信のなさ。それから私は、技術だけではなく、患者さんへの伝え方や話しかけ方などを勉強し、先生や同級生と何度も練習を重ねました。また、相手を観察した上で、その人に合わせた対応を心がけるようになりました。授業のなかで先生に助言をいただくなどして、やがて自信を持てるようになってからは、患者さんの様子も変わりはじめたのがはっきりとわかりました。そうなると、患者さんが自ら症状を話されるようになり、問診や検査も円滑に進みます。不安要素をなくすため、前もってしっかり勉強しておくこと。それがプロだと気づかせてくれました。

片山 瑞貴さん

2020年3月卒業[大阪府・桜宮高校出身]

※取材は在学中(4年次)のものです。

コンテンツ一覧