SUPPORT PROGRAM AND FACILITIES

学生生活・施設 TRIPLE SUPPORT

トリプルサポート

医療人をめざす学生の学びと学生生活を
トリプルサポート体制で丁寧にバックアップ

専門性の高い医療の学びは、学生にとって未体験の世界。本学では、学修に対する意欲を高め、目標に向かって成長できるよう、一人ひとりの顔がわかる距離でサポートを行っています。進路支援に関しても、専門性を極めたキャリアサポート体制で学生をしっかりとフォローします。

担任・チューター制

一人ひとりの顔がわかる距離で、
あなたの“めざす道”をしっかりサポート。

少人数の学生を集中的に指導する担任・チューター制を採用。学科別に担当の教員が、修学指導や大学生活における疑問や悩みの相談先となり、学生生活を支援します。

担任

学科別の各学年に教員が1〜2名体制で担任となります。高校までの担任のような存在で、悩みの相談や出欠の把握など、細かくフォローします。

チューター

各学科で1学年を少人数グループに分け、1グループごとに専属の教員を配置。勉学、研究、進路支援等あらゆる学生生活をサポートします。

教員サポートについての学生の声

  1. 「1学年が少人数なので、先生が学生一人ひとりと丁寧に向き合ってくれる」 
    作業療法学科2年
  2. 「先生が優しい方が多くて勉強や実習を頑張れる」 看護学科4年
  3. 「先生との距離が近く、質問しやすい」 理学療法学科2年

在学生アンケート(2023年3月実施)より一部抜粋

学生生活サポート

毎日安心して学べるよう、教職員一同親身に支えます。

奨学金・一人暮らしのことなど、
あらゆる学生生活をバックアップ。

学生支援課

いつでも相談窓口

何か困ったことがあったらまずは窓口へ。課外活動のことや施設利用のこと、奨学金、一人暮らし、各種手続きについてなど、専任の職員が相談に乗ってくれます。学科の教員や他部署とも連携し、学生生活をしっかりサポートしていきます。

医療大学だからできる「からだ」と「こころ」の健康サポート!

健康管理センター

健康管理サポート

充実した大学生活を送るためには、健やかな身体が資本となります。本学では医師・看護師・カウンセラー・相談員が「からだ」と「こころ」の両面をサポートします。

健康管理センターの取り組み

急病対応・応急処置

学内には医務室を設置しているため、応急処置や一時的に休養をとることができます。ケガや急病などで体調が悪いときは、学内の医師・看護師が手当てをしたり、大学附属のクリニックへ紹介を行ったりします。

健康相談・メンタルヘルス相談

健康上の問題・心身の不調・ストレス・友人関係など、さまざまな悩みや不安を相談することができます。学内のカウンセラーへ相談だけではなく、24時間対応の外部相談窓口も設けています。

定期健康診断・感染症予防対策

疾病の早期発見や医療者として自己の健康管理を目的に、毎年度、健康診断を実施しています。また、感染症予防対策として抗体価検査の説明会を実施し、予防接種を推奨するなど医療者としての意識を深めてもらえるよう取り組んでいます。

学生保険「Will 3DX」の加入

全学生が自身の傷害事故や実習先を含む24時間の賠償事故、さらに実習中の微生物による感染事故等にも対応する医療系学生のために創られた補償制度に加入しています。

  • 一般社団法人日本看護学校協議会共済会の保険です。

2022年11月、森ノ宮医療大学附属 大阪ベイクリニックが誕生

大学附属の医療機関として優れた医療を提供することで、地域医療に貢献するとともに、学生が臨床経験を積むための実習の場や教員の研究基盤としても活用します。また、学生が受診することも可能で、学生生活における健康管理サポートの向上を図ります。

就職・キャリアサポート

医療系就職のプロフェッショナル職員×学科教員のダブル体制でサポート。

医療大学ならではのキャリア・就職サポートプログラム。幅広い進路に対応!

キャリアセンター

POINT1低学年からのキャリア育成を重視

多様なキャリアに対応するため、低学年からさまざまな支援を行っています。特に本学では1・2年次のキャリア指導・キャリア育成に注力し、ガイダンスの回数を増やすなど「キャリアへの意識付け」をサポートしています。

POINT2個別指導の強化

学生一人ひとりと個別で面談することを大切に考え、キャリアカウンセラーが各学生の個性や適性、希望を把握したうえで、進路の指導を行っています。また、個別での「履歴書の添削」「模擬面接」などを実施しています。

POINT3最新の就職情報を公開

相互連携協定を結んでいる医療機関や実習先・就職先などから、常に医療分野の就職動向や展望といった情報を集約し、学生に公開しています。医療大学だからこそ得られる情報をもとに、きめ細やかな就職サポートにつなげています。

医療資格+教員免許のダブルライセンスをめざす学生を徹底サポート。
「医療人」としてのマインドをもった教員を養成します。

教職支援センター

「看護師+養護教諭」「鍼灸師(はり師・きゅう師)+保健体育教諭(中学校・高等学校)」というダブルライセンスをめざす学生を、経験豊富な専任の教員と職員が連携してサポートします。医療大学では先駆的となる「教職支援センター」を立ち上げ、教育実習や教員採用試験のサポート、就職面談、履修相談などさまざまな支援を行っています。

教員を志す学生のための 勉強会

「森ノ宮教志塾」

国語・数学などの一般教養を中心に、面接対策・模擬授業対策など教職に必要な力を身につけます。卒業生も参加できるため、在学生との情報交換の場にもなっています。

在学中にも実践経験を 積める

「学校ボランティア」

近隣の小中学校と連携し、クラブ活動の指導者やイベント・講座のボランティアとして学校現場を経験できる機会を提供しています。

合格に向けて サポート

「教員採用試験対策講座」

外部講師を招いて対策講座を開講。教職教養科目も一般教養科目も徹底指導します。

学修サポート

在学中はもとより医療人としてのキャリアを見据えた学びを支援します。

医療者をめざす学生の「学び」を徹底サポート!
もっと深く学びたい、もっと基礎を固めたい、そんな声に応えます。

MANABEL:マナベル
MANABEL(マナベル)とは?

「医療人としてのキャリアを見据えた学び」を支援します。

もっと基礎から学びたい、もっと深く学びたい、もっと広く交流しながら学びたい、そんな声に応えるのが「MANABEL」です。

本学への入学を考えた瞬間から在学中、そして卒業まで、医療者をめざす学生の「学びたい!」を専門アドバイザーが徹底サポート!入学前教育から授業のフォロー、国家試験や各資格の取得、さらには就職試験対策まで、学修に関する様々なサポートを行っています。

詳しい内容は以下の特設ページよりぜひご覧ください。

MANABEL特設ページ