医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DEPARTMENT OF RADIOLOGICAL SCIENCES

診療放射線学科 WORKPLACE TRAINING

実習先

「診断部門」「核医学部門」「放射線治療部門」の
3部門が揃った医療機関を実習先として確保

実習先として、大阪市内をはじめ、大阪府・兵庫県・奈良県・京都府に、中核病院・大学附属病院など、合計38の施設を確保しています。原則として、幅広い放射線診療に対応するために必須となる3部門、「診断部門」「核医学部門」「放射線治療部門」が揃った医療機関であり、設備・指導者に恵まれた環境を整えています。本学科の教員が定期的に実習先を訪問しアドバイスする「巡回指導」を行います。

主な実習病院
国立・公的病院 病床数
大阪急性期・総合医療センター 865床
大阪医療センター 692床
関西労災病院 642床
京都医療センター 600床
大阪国際がんセンター 500床
大学病院 病床数
京都大学医学部附属病院 1121床
大阪大学医学部附属病院 1086床
奈良県立医科大学附属病院 992床
大阪市立大学医学部附属病院 980床
兵庫医科大学病院 963床
近畿大学病院 929床
関西医科大学総合医療センター 477床
民間病院 病床数
北野病院 699床
日本生命病院 350床

※病床数:病院の規模を表す最も一般的な指標。

大阪急性期・総合医療センター(大阪市住吉区)

臨床実習スケジュール

3年次

臨床実習ゼミナール/臨床実習Ⅰ・Ⅱ

8週間

実際の現場で診療放射線技師の行う業務を見学・体験することにより、学内で学んだ知識や技術を再認識します。卒業後のイメージを具体化し、自分のキャリアを見つめる場にもなります。臨床実習Ⅰでは、X線単純撮影、X線CT検査、MRI検査など「画像診断検査」について、臨床実習Ⅱでは、主に放射線治療技術と放射線安全管理学分野について学び、基礎能力を向上させます。

4年次

臨床実習Ⅲ

2週間

通常定められている10単位分の臨床実習に加えて、本学科ではさらに4年次で2単位分、総合的に主体的な臨床実習を行います。例えば「小児病院での子どもに対する放射線診療」「がんの高度放射線治療について」など、より深く学びたい領域(テーマ)を自分で決めたうえで臨床実習に臨みます。

コンテンツ一覧