医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

DEPARTMENT OF PHYSICAL THERAPY

理学療法学科 CURRICULUM AND FACILITIES

カリキュラム紹介

高度な理学療法技術を基礎から学び、知識と技術、人間性と対話力を育みます

幅広い教養を身につけ、ヒトの身体について深く理解する

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
基礎ゼミナール物理学/生物学/化学/情報処理心理学/生命倫理学/哲学/社会福祉学/日本国憲法/英語Ⅰ(初級)>英語Ⅱ(中級)
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
MBS〈Morinomiya Basic Seminar〉チーム医療見学実習/基礎体育/健康科学(スポーツ社会学を含む)
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
人体の構造演習Ⅰ・Ⅱ(運動器)人体の構造Ⅰ(神経系)人体の構造Ⅱ(循環・内臓)人体の機能Ⅰ(動物性機能)人体の機能Ⅱ(植物性機能)基礎運動学リハビリテーション概論/公衆衛生学/運動学実習臨床心理学
理学療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
理学療法評価学総論基礎日常生活活動学物理療法学医療関係法規論
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床見学実習

病気や治療の知識を理解し、患者さんへの検査・測定方法を学ぶ

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
医学英語/英会話/基礎英語演習/応用英語演習
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
医療コミュニケーションチーム医療論/健康管理学Ⅰ・Ⅱ/栄養学/身体運動科学/東洋医療概論
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
人体の構造実習臨床運動学臨床病態学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ整形外科学小児科学(人間発達学)精神医学病理学リハビリテーション医学チームリハビリテーション概論/生化学/介護学概論・ボランティア活動論/テーピング技術論
理学療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
基礎理学療法学Ⅰ基礎理学療法学実習理学療法評価学各論基礎運動療法学総論基礎運動療法学各論運動器系理学療法学Ⅰ神経系理学療法学Ⅰ内部障害系理学療法学Ⅰ地域理学療法学義肢装具学生活環境論/理学療法臨床推論概論
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
検査測定実習

具体的な治療方法を学び、チーム医療も具体的に理解する

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
統計学/東洋史概説/西洋史概説
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
統合医療概論/IPW論
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
スポーツ医学
理学療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
職場管理(教育を含む)職業倫理臨床理学療法評価学(動作分析)臨床理学療法評価学実習基礎理学療法学Ⅱ運動器系理学療法学Ⅱ・Ⅲ神経系理学療法学Ⅱ・Ⅲ内部障害系理学療法学Ⅱ・Ⅲ発達障害理学療法学卒業研究Ⅰ理学療法触診法理学療法特論Ⅰ老年期理学療法学/理学療法臨床推論演習/総合リハビリテーションIPW演習
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床評価実習

実習で技術を自分のものにし、4年間の集大成である国家試験合格をめざす

人間や社会を
深く理解する科目
(教養科目)
-
全学科の学生が
共通して学ぶ科目
(学部共通科目)
-
人体構造や病気の
成り立ちを学ぶ科目
(専門基礎科目)
-
理学療法を
専門的に学ぶ科目
(専門科目)
臨床理学療法治療学実習/運動器系理学療法セミナー/神経系理学療法セミナー/内部障害系理学療法セミナー/地域理学療法セミナー/理学療法特論Ⅱ・Ⅲ卒業研究Ⅱ
実際の現場で
実習を行う科目
(臨床実習)
臨床総合実習Ⅰ・Ⅱ地域理学療法実習

青文字 必修科目
※上記は2020年度入学生のカリキュラムであるため、変更の可能性があります。

理学療法学科のカリキュラムポイント

以下のの資質・能力を有する専門職医療人を育成します。

  • 精度の高い専門的知識と技術
  • チーム医療で活躍するための幅広い知識と協調性・コミュニケーション能力
  • 豊かな人間力
  • 主体的な問題解決能力

理学療法学科専任教員による授業
87.9%

※専門教育(必修科目)における割合(2019年度)

PICK UP!

授業ピックアップ

運動器系理学療法学 Ⅰ

運動器系のケガ・病気に対する測定・検査方法やその手技について実技を中心に学びます。また、運動療法や物理療法など多岐にわたる理学療法の基礎知識も学修します。

基礎理学療法学実習[OSCE実施科目]

グループ(模擬患者役、理学療法士役、実施内容確認役)に分かれ、臨床上必要な知識・技術・態度を修得します。具体的には、車イスの駆動介助や関節可動域測定を行います。

過去の主な卒業論文テーマ

  • 超音波エラストグラフィーと筋硬度計を用いた結合組織の高度測定
  • ジャンプ着地動作時の下股関節のkinematicsを変化させるには?
  • ストレッチングの強度と時間による筋伸張の効果について
  • サッカーのシュート動作におけるボールスピードと膝関節伸展速度の関係性
  • ハムストリングの筋活動と関節角度について
  • 手関節肢位と握力の関係
  • 自己抑制を利用した可動域運動についての研究
  • 立位姿勢での膝関節角度の変化による左右方向への反応速度のビデオ解析と筋電図による検討
  • 予測時と非予測時における歩行開始の相違
  • 人工膝関節置換術後の可動域制限と理学療法
  • 野球肩における病態と評価および治療法

STUDENT'S VOICE [在学生ピックアップ]

学べば学ぶほど、新たな疑問に出会う。本気で学べる環境がここにあります。

発端は、理学療法士の恩恵を得た経験から。

柔道に取り組んでいた中学生時代、ヒザを痛めたときにお世話になったのが理学療法士の先生でした。私だけでなく、親族や恩師など、周囲に理学療法士の治療のおかげで元気になった方が多かったことも、決意するきっかけになりました。

学ぶほどに興味が深まる、理学療法の魅力。

私は知識を得るだけではなく、手技として実際に同級生の身体で練習したときに「学びの深さ」を実感すると同時に、その“深さ”が理学療法の魅力だと感じています。例えば「運動器系理学療法学」の授業。筋肉の状態を確かめるだけでも教科書通りにはいきませんし、ケガや障がいのない健康な人でさえ、筋肉の形は異なるため、人が変わるたびに勉強です。苦労はありますが、学べば学ぶほど新たな疑問が生まれるということも、また理学療法の魅力だと思います。いつしか、より一層学びを深めていきたいと思うようになり、現在は大学院への進学を検討中です。また、東洋医学にも関心があるので、次ははり師・きゅう師をめざすことも考えています。本気で学ぶ楽しさを、実感する毎日です。

時間割モデル例

1 基礎理学療法学演習   テーピング技術論 臨床病態学Ⅲ 介護学概論ボランティア活動論
2   基礎運動療法学各論 身体運動科学   人体の構造実験
3 地域理学療法学 内部障害系理学療法学Ⅰ 生活環境論   義肢装具学
4 小児科学 運動器系理学療法学Ⅰ 臨床病態学Ⅱ    
5 神経系理学療法学Ⅰ       臨床病態学Ⅲ

2019年度後期時間割(10月~3月)(2年生)

教員との距離の近さが魅力。幅広い知識を学び、チーム医療で活躍したい。

みんなが顔見知りになる、安心できる環境。

先生方や同級生の仲間たちと、近い距離で関係を築くことができる環境が気に入っています。高校までと違い、大学にはホームルームが無いと聞いていたので入学前は少し不安でしたが、担任制のおかげで安心して学べています。顔を覚えてくださっていることがうれしく思います。また、現役看護師の母から、チーム医療の大切さについて聞いていて、全学科の学生が集い、一緒に勉強する機会が設けられているということにも魅力を感じます。また、学科を超えてスポーツに取り組む演習もあり、カリキュラムの面からも多様な交流が生まれるよう工夫されています。

一瞬を争うシビアな現場へ挑戦したい。

救命救急の現場で活躍する、急性期分野の理学療法士になることが目標です。一瞬の迷いや判断ミスが許されない現場で、着実に役目を果たせるよう、普段から気を張って授業に取り組んでいます。多職種と連携したチーム医療の学びをしっかりと修得し、自分の専門分野以外の幅広い知識を持って医療の最前線に挑みたいと思います。

カリキュラムポリシー :[ 教育内容 ]教育課程編成・実施の方針

理学療法学科ではディプロマ・ポリシーに掲げるチーム医療と科学性を持ちつつ人に優しい理学療法を創造的に実践できる人材に成長できるよう知識や技術等の修得をめざして教育課程を編成しています。学位取得に向けた教育内容、教育方法、学修成果の評価方法を以下のように定めます。

教育内容

  • ①1、2年次には教養科目、学部共通科目ならびに各領域の専門知識の基礎を修得し、理学療法士の礎となる知識、技術、人間力の修得を目指します。
  • ②3、4年次には専門的に深化した知識を基に多様な領域で活用できる知識、技術、さらにはチーム医療における自らの役割について学修し、実践を通して確固たる知識・技術を身に付けます。また、授業の集大成として卒業論文に取り組みます。

教育方法

  • ①医療知識、教養知識を修得するための講義科目を配置します。
  • ②理学療法実践の基盤となる各領域の理学療法学に対応した実習科目を配置し、最終学年ではそれらを統合した実習科目を配置します。
  • ③他職種連携教育(IPE)を積極的に導入し、チームで模索・討議し、協調性をもって解決策を検討するチーム医療実践のための演習科目を配置します。また、各領域の理学療法学では技術演習、ケーススタディ、グループワーク等の多様な学修方法を取り入れます。
  • ④予習、復習などをシラバスに記載し、学修すべきポイントを明確にすることで、積極的に課題を見出し自ら問題解決に取り組む主体的な学修を促す手法で教育を行います。

学修成果の評価方法

  • ①科目ごとに学修到達目標を明確にし、目標到達度に応じて学修成果の評価を行います。
  • ②ルーブリック等を積極的に活用し、評価基準を教員・学生ともに共有し、評価の透明性・公平性が確保された手法で学修成果の評価を行います。

施設・研究設備

運動療法や物理療法などの実習施設を完備し、複数領域の実習が可能

理学療法実習室(ADL室)

理学療法実習室(ADL室)

平行棒・歩行器・階段などを使った機能訓練や、浴室・トイレ・和室などを使った日常動作(ADL)訓練など、さまざまな実技を行うことができる全長50mの広さをもつ実習室。 三次元動作解析システムをはじめ、最新の設備が揃っています。

物理療法室

温熱療法、水治療法、電気療法などの「物理療法」を学ぶ実習室。それぞれの特徴や扱う機器について学びます。

物理療法室

水中トレッドミル

水の浮力や粘性、温度などを利用し、水中のベルトコンベアの上を歩行します。病院などで実際に運動療法を行う装置です。

水中トレッドミル

筋力測定装置

腕や脚の筋力を関節ごとに検出したり、左右差を比較し治療の効果が出ているか、分析できる装置です。

筋力測定装置

三次元動作解析装置

人に特殊なマーカーを取り付け、赤外線カメラでマーカーの位置・動きを解析する装置。6台のカメラを駆使し、360°から動作解析をします。

三次元動作解析装置
三次元動作解析装置

MORINOMIYA + PLUS INFO

トコトン練習できる環境を用意

理学療法士のスキルは、実際に身体を動かしたり、学生同士で練習しあったりすることで身についていきます。本学では、常に実習室(ADL室)を開放し、学生が自由に練習することができるようにしています。教員への質問もしやすい環境を整えています。

コンテンツ一覧