医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

INFORMATION

 <3.15>【現地リポート】森ノ宮英語教育プログラム「MEEP」の海外短期研修がスタート!

2017年03月15日(水)森ノ宮医療大学
広報室

 平成29年3月13日(月)よりカナダ短期研修会へ看護学科、理学療法学科、鍼灸学科の3年生12名が出発しました。
今回は看護学科や理学療法学科、鍼灸学科など保健医療分野の学科を擁する、マキュワン大学(エドモントン市)で英会話や医療英語に加え、日本の医療との違いについて学びます。
 
研修初日から多くの学生と交流を行い、長旅の疲れも見せず、早速海外の友達を作った学生もいました。
週末にはオーロラツアーが予定されており、みんな待ち遠しくしています。
 
今回の研修はTOEIC講座で学んだ英語力を試す場でもあります。3名の学生は、TOEICで一定基準を満たせば取得できる研修補助金制度を利用して参加しています。
また、学生の多くは海外訪問が初体験であり、海外未経験者でも参加できるプログラムです。
 
すでに来年度の計画もスタートしていますので、参加したいという学生や新入生は学生支援室まで相談に来てください。
 
【森ノ宮英語教育プログラム「MEEP」とは】
医療における最新の情報は日本人の研究成果であったとしても多くは英文で発表されます。また、近年では海外で医療活動をしたり、国内でも海外の患者さんを診たりする機会が増えてきています。本プログラムは医療分野における英語力を総合的に高め、グローバルな視点を持つ医療人を育成するためのプログラムです。
●MEEPのポイント
1.医療従事者に必要とされる基本的な英語力を身につける
2.TOEIC600点以上をめざす
3.海外研修でグローバルな視点を身につける