医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

INFORMATION

 <2.20>本学鍼灸学科の学生が「第35回住之江区民マラソン」の運営スタッフとして参加

2020年02月20日(木)森ノ宮医療大学
広報室

 2月11日(火・祝)、南港中央公園で「第35回住之江区民マラソン大会」が開催され、本学は「スポーツ鍼灸&ストレッチ」として「はり・きゅう体験」ブースの出展と、大会運営スタッフとして協力をしました。

本学の鍼灸学科1年生8名がボランティアとして参加し、主に大会運営のお手伝いや大阪府鍼灸師会からご協力いただいた鍼灸師の先生方の補助を行いました。

「はり・きゅう体験」ブースでは、ランナーのコンディショニングとケアを実施。
当日は好天に恵まれ、ランナーにとって絶好な環境のもと、出場選手に対して身体を伸ばすためのストレッチや身体を温めるためのお灸体験、走り終わった後のコンディショニングなどを積極的に行いました。

学生たちは出場選手にストレッチや鍼灸体験のサポートを行い、体験後に喜ぶ選手たちを見て、大きなやりがいを感じたようでした。また大阪府鍼灸師会の先生方からスポーツ鍼灸の指導を受け、参加した学生にとって大変有意義な一日となりました。