医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

INFORMATION

新型コロナウイルスワクチン職域接種を開始しました

2021年07月02日(金)森ノ宮医療大学
広報課

6月28日(月)より、本学のコスモホールにて新型コロナウイルスワクチンの職域接種を開始しました。
初日には学生・教職員、一部の近隣企業等も含め、約300名の接種が行われました。

ワクチン接種の運営には、医師や看護師をはじめとする医療資格を有する教員を中心に多くの教職員が配置され、医療系総合大学ならではの連携体制で円滑に実施することができました。

本学では1日最大500人規模として、まずは約3,500人を対象とし、8月上旬には2回接種を完了する予定です。その後、ワクチン状況に応じ、さらに数千人規模の追加接種も検討しています。

学生や教職員のワクチン接種により、対面授業や実習など大学生活の安全性を向上させ、学生の学ぶ機会を確保したいと考えています。また近隣の企業や大学も対象としており、地域貢献にも取り組んで参ります。