医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・診療放射線・鍼灸を学ぶ

INFORMATION

 <12.14>【大阪大学×森ノ宮医療大学】大学の枠を超えた医療ドラマ「Living will」が公開中!

2016年12月14日(水)森ノ宮医療大学
広報室

 みなさんは「どのように最期を迎えたいか」を考えたことがありますか?
答えは人によってさまざまだと思います。
自分の最期を考える1つとして「Living will」という考え方があります。
「回復の見込みがなく、命の灯が消えそうなときに延命治療をどうするのか」「亡くなったときに臓器提供をどうするのか」など、元気なうちに最期の迎え方を決めておくことです。
 
この「Living will」の大切さを一般の方に伝えるため、大阪大学と森ノ宮医療大学が協力し、医療ドラマ「Living will」が制作されました。
「がんの延命」「突然死」「臓器提供」の3つのテーマで分かりやすく構成されており、実際の救急車に搬送されるシーンなどがリアルに表現されています。
なお、第1部「がんの延命」のロケは森ノ宮医療大学で行われました。
キャストも本学の学生が有志で出演し、さまざまな医療者や患者、一般人役を熱演しています。
 
YouTubeで公開されていますので、ぜひご覧ください!
 
▼医療ドラマ「Living will」▼