「診断」から「治療」までを担う、放射線診療のスペシャリストを養成

2020年4月、7番目の学科「診療放射線学科」を開設(仮称・構想中)。
チーム医療の学びがさらに拡充します。

2018年4月、
新たに「臨床工学科」「大学院博士後期課程」を開設し、
医療系総合大学としてさらなる進化を遂げた森ノ宮医療大学。
今後もめまぐるしく変化する社会のニーズに応えるべく、
2020年4月には診療放射線学科(仮称)の設置を構想しています。

診療放射線技師とは

  • ■ 放射線を扱う専門家
    医師の指示の下に、放射線を人体に対して照射するのが診療放射線技師です。X線CT、X線TV、PET、SPECT、MRI、USなどの放射線機器で人体を撮影し、診断に必要な画像情報を医師へ提供することが主な仕事。また放射線を照射してがん治療を行う専門職でもあります。医療機器を扱う技術、放射線の取り扱いに関する法令の理解と遵守など、高度な専門性を持つスペシャリストです。
  • ■ チーム医療に欠かせない存在
    診療放射線技師が提供する放射線画像や1次読影レポートが、病気の診断や治療方針を決定するための重要な情報になるため、チーム医療において大きな役割を担います。他の医療職を理解していることや医療者間でのコミュニケーション力が求められます。
  • ■ 「安全管理」で高度医療を支える
    放射線は適切に扱うことによって患者さんの診断や治療に効果を発揮します。放射線の取り扱いは法律により厳重な管理が義務づけられているため、患者さんだけでなく医療者の被ばく線量や放射線の管理も大切な業務のひとつです。


多彩に広がる活躍のフィールド

女性技師へのニーズが拡大

近年、女性特有の病気である“乳がん”の早期発見に、診療放射線技師による「マンモグラフィー検診」が有効とされ、検診率が増加傾向にあります。女性が安心して検診を受けられるよう、女性の診療放射線技師が必要とされています。しかし、女性の診療放射線技師が少ないという背景もあり、需要が高まっています。

画像

ページトップへ