医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

学びの特長

  • 看護師国家試験受験資格
  • 保健師国家試験受験資格 ※10名程度の選考制
  • 養護教諭一種免許状(再課程認定申請中) 15名程度の選考制 「保健師」と「養護教諭一種免許状」との同時取得はできません 2019年度以降の教職課程は、教育職員免許法改正に伴い、文部科学省に再課程認定申請中です。
    文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。
  • 養護教諭二種免許状(再課程認定申請中)※所定の科目の単位を取得し、「保健師」取得後に、申請が必要
  • 第一種衛生管理者※「保健師」取得後に、申請が必要
90名

チーム医療

多学科と連携し、「チーム医療」に必要となる
幅広い医療知識やセンスを修得

学科混成のグループで取り組む、IPE(専門職間連携教育)では「ケースカンファレンス(症例検討会)」という演習を基にチーム医療における看護師の役割、そして他職種との関係性を理解します。また、東洋医学や代替医療を学ぶ「統合医療概論」などのカリキュラムにより、西洋医学だけではなく、医療において幅広い知識を身につけることができます。

医療機関との強固な繋がり

大阪を中心に充実した実習先や就職先を確保

看護は実践の学問と言われており、現場での実習は欠かせません。本学では大阪を中心とした地域の基幹病院と強固な連携体制を構築。相互連携協定を締結している大阪急性期・総合医療センターや大阪国際がんセンター(旧:大阪府立成人病センター)、住友病院など、病床数300以上の大病院が実習先・就職先となります。

※病床数とは…病院が有する入院施設ベッド数のこと。

現場で活躍している医師や看護師による講義

相互連携協定を締結している大阪急性期・総合医療センターに勤めている現役の医師や看護師を招き、講義を実施。臨場感あふれる体験談や実際の現場で行われている最新の医療についての話が聞けるなど、常に現場を意識した教育を行っています。

教育力

「人」について深く探究するカリキュラム

看護は人を対象としたヒューマン・ケアリングです。そのため、看護の実践には「人間の理解」が基本となります。本学では人の誕生から成長・発達・死に至るまでのライフサイクルについて、さまざまな科目の中で学びます。また、実習において、それぞれのライフサイクルにある患者さんや家族と関わり、理解することでヒューマン・ケアリングの基盤を築きます。

「現場」「研究」の両分野で実績を持つ教員が確かな知識・技術を指導

本学では教育経験だけではなく、医療施設や福祉施設、行政などの現場で豊かな臨床経験を持つ教員が多数在籍。研究にも注力し、その成果を看護の実践教育にいかしていきます。経験豊かな教員が、学生に寄り添い、エビデンスに基づく知識と技術を教授します。

環境

教員と学生の身近な距離間を生む、担任・チューター制度

各学年に2名の教員が担任としてサポート。さらに、同学年の学生を8~10名程度のグループに分け、2~3名の教員がチューターとして4年間サポートしていきます。この少人数でのきめ細やかなサポート体制により、勉強での疑問はもちろん、個人的な問題についても相談でき、充実したキャンパスライフを送ることができます。

TOPICS

“学生も参加する”生きた教育の場。 「もりもりひろば」地域子育て支援

子育て奮闘中のお母さんやご家族を応援する地域子育て支援プロジェクト「もりもりひろば」。看護学科教員が中心となり、月1回ペースで親子遊びや育児相談などさまざまな取り組みを行っています。また、学生もボランティアで参加し、講義以外での課外活動を通して、乳幼児への接し方やその成長過程、ご家族の悩みなどを学べる、『生きた教育』の場として貴重な機会となっています。

先輩に聞きました!看護学科の先生は、どんな人ですか?

温かいアドバイスで心を支えてくださいます。

いつも親身になり質問や相談に応じてくださる先生方。実習中は緊張と不安でいっぱいでしたが、先生の何気ない一言で心がすっと軽くなったことを今でも覚えています。その時に、先生の見守る姿勢と温かいアドバイスが心の支えとなっていることを実感しました。現在は看護の知識はもちろん、就職活動のための履歴書や小論文の添削までご指導いただいています。生徒一人ひとりと真剣に向き合い、進むべき道を示してくれる先生方のもとで、患者さんのことを一番に考えられる看護師をめざします。

山口 加奈 さん
看護学科 4年 [兵庫県・鳴尾高校出身]

Professor VOICE

他職種と連携・協働し、チーム医療を支えられる看護師へ。

看護師は、患者さんが療養生活を過ごしやすいように援助したり、医師の指示に基づいて診療を補助する職業です。超高齢化が進む現代においては、その対象は病院の入院患者さんだけではなく、地域に暮らす患者さんへと広がっています。在宅医療が進むことで、他職種との連携・協働も重要性が高まり、看護師が働く場の多様化とともに、多職種チームのなかで果たすべき役割も増えています。そのため本学では、在学中から他職種とともに学ぶ機会も設けるとともに、医療現場を見据え、臨地実習においても実践力の修得を重視した指導体制を整えました。看護職への誇りと熱意を持った教員たちが待っています。

吉村 弥須子 Yasuko Yoshimura [学科長・教授]
看護師。大阪市立大学医学部附属病院勤務、1999~大阪市立大学看護短期大学部教員、2004~大阪市立大学医学部看護学科教員、2008~大阪市立大学大学院看護学研究科教員、2011~現職。博士(看護学)(大阪大学)。
[研究領域]消化器がん手術後患者のQOL、周手術期看護、がん看護
入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ