医療系総合大学で看護・理学療法・作業療法・臨床検査・臨床工学・鍼灸を学ぶ

森ノ宮医療大学

文字サイズの変更
大きく
標準

森ノ宮医療大学動物実験施設

本学動物実験施設は、動物愛護や研究倫理の観点から、本学に所属する研究者が法令に基づく動物実験規程を厳密に遵守し、適正な動物実験を行うための支援的機能をもつ施設として存在しています。保健医療学領域での研究成果を社会に公表、還元すると共に、医療系大学として動物実験を通じて学生教育における「生命の尊厳」の重要性を伝えるべく活動しています。

  1. 動物実験に関わる規程、指針等
  2. 自己点検・評価報告書
  3. 実験施設概要
    • 1施設
      面積:80.3 ㎡(飼育室:25.3 ㎡、実験室55.0 ㎡)
  4. 動物実験計画実施件数(平成30年6月1日現在)
    • 4件
  5. 実験動物に関わる情報
    • 飼育動物種 ラット マウス
      日当たり飼育数(匹/日)
      (平成30年3月1日)
      13 0
      平成29年10月1日~
      平成30年3月31日までの使用数
      22 8
      (平成30年6月現在、本学ではラットとマウス以外の実験動物の飼育を認めていません)
  6. 教育訓練実施状況(直近5年間)
    • 平成26年度 実施日 6月5日 - 出席者合計
      出席者数 30名 - 30名
      平成27年度 実施日 5月14日 2月25日 出席者合計
      出席者数 22名 9名 31名
      平成28年度 実施日 5月19日 9月15日 出席者合計
      出席者数 19名 14名 33名
      平成29年度 実施日 5月18日 - 出席者合計
      出席者数 14名 - 14名
      平成30年度 実施日 5月24日 - 出席者合計
      出席者数 18名 - 18名
  7. 動物実験部会委員構成(平成30年6月1日現在)
    • 部会における役割 各委員の専門分野
      動物実験に関して優れた識見を有する者 システム生理学教授
      実験病理学教授
      実験動物に関して優れた識見を有する者 内科学教授
      解剖学教授(公私動協主催「実験動物管理者の教育訓練」受講)
      学識経験を有する者 生理学教授
      事務局からの選出(事務担当) 総務室職員
  8. 平成29年度動物実験部会実施状況(平成30年3月31日現在)
    • 第1回 平成29年4月7日
      第2回 平成29年5月12日
      第3回 平成29年5月13日
      第4回 平成29年6月21日
      第5回 平成29年9月10日
      第6回 平成29年11月1日
      第7回 平成30年2月26日
  9. 外部検証に関わる情報

    平成29年度動物実験外部検証の結果

入学・入試案内
看護学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
理学療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
作業療法学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床検査学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
臨床工学科
学びの特長
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路
鍼灸学科
学びの特長
スポーツ特修コース
カリキュラム紹介
実習・実習先紹介
教員データベース
施設・研究設備
国家試験対策
卒業後の進路・就職実績
大学院 保健医療学専攻
入学から修了までの流れ
指導教員
履修指導・過去の実績
大学院入試
大学院 医療科学専攻
指導教員
大学院入試
専攻科 助産学専攻科
[1年課程]
実習施設・学内施設
教員データベース
専攻科入試
サポートプログラム・施設紹介
トリプルサポート
キャリアサポート
健康管理サポート
下宿・マンション紹介
森ノ宮医療学園校友会について
年間スケジュール
キャンパスマップ・施設紹介
クラブ・サークル紹介
図書館
学生食堂 メディカフェ
学費
奨学金

ページトップへ